TOP >  レシピ >  あご煮干(飛び魚煮干し)のだしの取り方

あご煮干(飛び魚煮干し)のだしの取り方

煮干しだし

あご煮干(飛び魚煮干し)のだしの取り方

材料

あご煮干し

30g

1リットル

レシピ1

あご煮干しは頭を取り除いて身を半分に割ります。はらわたが残っていたら取り除いてください。

レシピ2

お水にほぐしたあごを入れて短くて1時間、できれば半日ほど置いてください。

レシピ3

お鍋に火をかけて弱火で沸騰させずに15~20分、アクを取り除きながら煮てネルやキッチンペーパーで越してください。

コツ・ポイント

トビウオは頭を取り除いたり身をほぐしたりしなくてもスッキリとしただしがとれますが、手間をかけた分さらに上品でスッキリとしたおいしいだしになります。面倒な時はあごをそのままお水に浸けてもだしがとれます。

トビウオを半日お水に浸けるとそのままでも上品なおだしが出ていますので水出しとして使っていただけます。

じっくり煮出してもエグミが出なくてだしも濃厚になるので、ラーメンのだしのように強いだしはしっかり煮出してお使いください。

トビウオはスッキリも濃厚もどちらのだしも作れますので、好みや使う料理で煮出す時間など使い分けてください。

女将ブログこの商品で作りました

煮干しだし を使った一番だし(基本だし)レシピ

この一番だしを使ったレシピ

他に 煮干しだし で作れるレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.