TOP >  レシピ >  和の真髄を使ったひじきの五目煮

和の真髄を使ったひじきの五目煮

昆布だし

かつおだし

煮干しだし

椎茸だし

和の真髄を使ったひじきの五目煮

材料

2カップ

砂糖

大さじ4

みりん

1/2カップ

醤油

60cc

具材は冷蔵庫の中の残り物
今回は
・豚肉 2枚
・生椎茸 3枚
・にんじん 1/2本
・こんにゃく 1/2枚
・さつま揚げ 2枚
・いんげん豆 適量

レシピ1

芽ひじきをたっぷりの水に漬け20分間戻し、ザルに上げ水分を切ります。

レシピ2

いんげん豆はレンジで軽くチンしたあと水に漬けて冷まし、細めの斜め切りにします。

 

レシピ3

他の具材は、同じ大きさになるようにカットします。

レシピ4

大きめの鍋に油をひきレシピ3の具材を全て炒めて、だいたい炒めたら水切りしたひじきを加え、さらに軽く炒めます。

レシピ5

水2カップと和の真髄1袋を入れ、沸騰したら中火で2〜3分火をいれます。

レシピ6

砂糖、みりんを加え少し煮たら醤油を入れます。

レシピ7

煮汁が半分になったらいんげん豆を加え混ぜ合わせ、火を止めて和の真髄を取り出した後そのまま五目煮を冷まして完成です。

コツ・ポイント

出来上がりはひじきが柔らかいです。
冷ましたら全体に味が馴染み、ひじきに締まりが出ます。

冷蔵庫で5日は保存がききます。
こんにゃくを除けば、冷凍保存も可能です。

※今回使用した和の神髄だしパックはまもなく販売予定の品です。
和の神髄だしパックは北海道産真昆布や鹿児島産本枯れ節や長崎のあご煮干しなど本格的なだし素材を使用した科学調味料も塩などの調味料も使っていない本物のだしを手軽に味わえるだしパックです。どうぞお楽しみに。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.