Home > [商品, その他] > 餃子のひげのジンジャーじゃこ餃子

餃子のひげのジンジャーじゃこ餃子

gyouzanohige

びっくりするくらいおいしい餃子に
であったことありますか?

餃子のひげのジンジャーじゃこ餃子
wpid-IMG_20151115_115041-Edit-2.jpg

 

大阪梅田で行列ができる中華料理のお店ひげ
original中華のひげさんを紹介しているブログ記事

ここで中華鍋を振っている清水さんと私は
地元の団体で出会いました。

その日、中華とだしについて語りあった時から
清水さんは「和のだしで中華はもっとおいしくなる!」と感じ
和の食材を使った中華の構想を練っていたそうです。

kr

豊中祭りでぎょうざを焼く清水さん

 

清水さんはいろんな中華料理がある中で、
最も自分たちが得意とする「餃子」に
じゃこ(煮干し)を入れてみようと考えました。

しかし、
いつもの餃子に単にじゃこを入れただけでは
食感もおいしさもプラスされません。

そこで、
じゃこは頭とワタをとり、1度だしをとってから身をほぐし
油で揚げてフレーク状にしたものを用意。

ただし、そのままではじゃこの魚臭さが強く出るので
とれたばかりの生姜を細かく刻んでプラスすることで臭みを消します。
また、この餃子はニンニクを入れません。
「入れない方がじゃこのうまみと生姜の風味が活きる」

自慢の餃子のネタを使わず、
最初から積み上げていくことで
素材の味と風味をいかした餃子になるからなんだそうです。

 

やっと食べることができました

じつはこのジンジャーじゃこ餃子
なかなか食べることができないんです。

すぐにうりきれてしまうから。

先日の日曜日の朝市でも、
はじめてジンジャーじゃこ餃子を食べたお客様が、
その日準備していた餃子(冷凍)を買い占めてしまったからです!
wpid-IMG_20151115_115041-Edit.jpg

こういう買い方する人は、
この人ひとりだけではありません。

いくつか出店したイベントでも
一つだけではなく二つ三つと買う方が多くて
なかなか食べられませんでした。

それが目の前にあります。
wpid-IMG_20151115_120127.jpg

やきたてで~す。
wpid-IMG_20151115_115650.jpg

いただきま~す
wpid-IMG_20151115_120143.jpg

 

最初にしょうがの香りがしますが、それほどつよくありません。
噛むとじゃこの香りが立ち始めます。
そこから旨味が出てきます。
ニンニクが入っていないのに頼りなさは全くありません。
むしろ、くちの中でなくなるのが寂しくかんじます。

で、もう一つ食べている。

これはまとめ買いする人の気持ちがわかります。

いや~、
ひさしぶりにおいしい餃子に出会えました。

このジンジャーじゃこ餃子は
11月のおたのしみ餃子なので
食べられるのは11月中だけ!

購入は餃子工房ひげさん
連絡先はこちら

または、豊中松前昆布本舗でもあつかってます!

餃子のひげのジンジャーじゃこ餃子の商品詳細

お求めはこちらから

餃子のひげのジンジャーじゃこ餃子(クール便料金216円込み)

¥716

URL
売切れ

送料:515円(北海道と沖縄県は1,000円)
(10,000円以上送料無料 北海道と沖縄県は485円)

お味の保証
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.