昆布だし

昆布締めに使いやすい昆布は

結論から言うと、昆布締めに使いやすい昆布は道南昆布(真昆布)です。

道南昆布が昆布締めに使いやすい理由

昆布締めは食材と昆布が隙間なく密着することで、昆布の栄養とうまみを食材に染み移します。

隙間なく密着させるためには昆布の形は波打っているより平らに伸された方が使いやすくなります。

平らに伸された昆布には、羅臼昆布と道南昆布があります。

羅臼昆布の場合だしが濃厚ですが、あまり長時間締めると昆布の海藻臭さも出てきます。

道南昆布の場合だしは羅臼昆布ほど濃厚ではありませんが、スッキリとしてクセのないだしが特徴なので、食材に海藻臭さが出ることは少なくなります。

正直、好みの部分もあるので羅臼昆布で昆布締めをしてはいけないことはありませんが、私の個人的な意見として、昆布締めをするのなら道南昆布が使いやすくおいしいと思います。道南昆布(真昆布)はこちらでお求めいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おいしいだしに関する【おだしの辞典】

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.