TOP >  店主ブログ >  羅臼昆布不漁の年

羅臼昆布不漁の年

今年2015年は
羅臼昆布不漁の年になりました。

 

特に天然の羅臼昆布の生産量は
たった29トンほど。

例年200トン以上は採れていたので
『昆布が無い』
って表現できるほど採れていません。

dscf0455

思えば、一昨年の2013年も不漁の年で
その前は2011年も不漁の年でした。

昆布は「不作豊作を繰り返す」と言いますが、
ホントにその通りになりました。

 

2008年より前は「昆布豊作」の年が続いて
その年に消費されなかった昆布が在庫として
羅臼漁協の倉庫に積み上がっていましたが、

今はその在庫も底をついたそうです。
mariendorf05
写真はイメージです

 

その中、
今年がんばって育った昆布たちも
薄くて色もあさくて
残念ですが品質は悪くなったそうです

 

と同時に
値段も上がっています

羅臼昆布は漁師さんが作った昆布を
漁協が買い取ってから市場に流通していきます。

そのため毎年漁師さんから買い取る価格が決められます。

その値段が
去年に比べて10~15%上がりました。

 

今年は流通量が少ないので
市場価格(お店で売る値段)は
そこからさらに上がるでしょう。

予想では2割程度あがるかと想像します。

dscf1035

 

豊中松前昆布本舗では去年分完売した羅臼雑昆布を除いて
今年は羅臼昆布を仕入れしません。


だって、
値段が高くなって
品質が悪くなってるんですから。


もちろん、
値段も上がりません。
(天然羅臼雑昆布を除いて)

去年の安い時に仕入れていますので
そのときの値段(去年の値段)そのまま
今年も販売を継続します。

 

昆布業界では「昆布はあるとき買っとけ」と言われています。
ホント、その通りです。

 

今日は在庫の天然羅臼昆布から
破れのひどい物や形の悪い昆布を取り除いて
品質の良い昆布だけにする作業を行いました。   wpid-20150828-2.jpg
形の悪い物は加工用やカット済みとして販売いたします。

昆布の仕入れって、 ホント難しいです。

 

   

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.