かつおだし

作ったかつおだしの保存と残った削り節の保存について

作ったかつおだしの保存方法

かつおだしは冷蔵庫で1~2日、冷凍で1週間くらいストックできます。

冷蔵庫で保存する場合は麦茶用のガラス瓶などに入れて保存しましょう。(プラスチック容器は鰹の香が抜けやすく容器のにおいがだしにつくことがあります)

冷凍保存する場合はアイスキューブにすると使いたい分だけ解凍できて便利です。

出典:献立提案アプリ “Ohganic” http://blog.ohganic.com/

理想は・・・

かつおだしは香りが大切です。最も香りがよいのは作りたての時で、時間とともに香りは抜けていきます。

香りよく料理を仕上げたいときは、かつおだしをその都度作ると香りだけでなくおいしさもあがります。かつおだしは長期保存できませんが、昆布だしなら冷蔵庫で1週間くらい日持ちします。

昆布だしは冷蔵庫でストックしておいて、かつおだしはその都度作り合わせるという方法なら、手間を少なく美味しく香りがよいだしが作れます。

ポットのお水に入れるだけ、手間のかからない昆布だしの作り方はこちら

残ったかつお節(削り節)の保存方法

窒素ガスに入った袋入りかつお節は、酸素に触れないので長く置いても酸化しませんが、開封したかつお節は酸化により風味が落ち始めています。

一説では開封から1日で風味は半分以下に、一週間で風味はほぼなくなると言われています。風味が落ちたかつお節で香りのよいだしはとれません。

残念ながら開封したかつお節の酸化を完全に止めることはできませんが、冷凍庫に入れると酸化の速度を遅くすることができます。

しかしこれでも完全ではないので開封後は冷凍庫に入れてできるだけ早く使い切ってください。

20121018043540_507f088cc6d5f

 

風味の劣化を気にしなくてもいい、使い切りサイズになったかつお節もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おいしいだしに関する【おだしの辞典】

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.