TOP >  店主ブログ >  すっぽん鍋用のだし昆布は爪昆布

すっぽん鍋用のだし昆布は爪昆布

いや~、
鍋の季節になりましたね!
今年もすっぽん鍋、何回食べるかな~うまい! (顔)

suppon

なんて、
いっぺん言ってみたいものです猫2猫2猫2


それくらい「我が家」はすっぽんと縁がございませんが
お店には「すっぽんと相性のよい昆布」がございます。


それが
爪昆布です。

wpid-PA2103043-Edit.jpg


爪昆布は、前にお話した白板昆布と同じく
おぼろ昆布を削ったあとに出来る昆布で、
見た目が爪のようなことから爪昆布と言われています。

この爪昆布、
主な使われ方はおやつ昆布としてですが、
主ではない使われ方にすっぽん鍋のスープ造りがあります。

スッポンのスープ造りは
鍋でスッポンをなが~い時間コトコト煮こんで作るんですが、


そのスープはまず
色が透明でないとダメ、
ぬめりが出てもダメ、
余計な味が出てもダメ、


むずかしいですね!
ダシに詳しい私もサジを放り投げたくなりますちっ (怒った顔)ちっ (怒った顔)ちっ (怒った顔)


いやいや、
ちゃんと投げ出さず考えると冷や汗 (顔)

昆布の種類としては真昆布(上品で透明なだし)。
それも厚みのあるしっかりした部分でないと、
煮込んだ時に崩れて濁ってしまうから根に近いところの部分だけ。
ぬめりは最初に少しだけ水分を加えていると出にくくなる。

その全部を満たすのが
爪昆布なんですね。

食材の特性と料理の求める要素を
ホントよく考えて使われていると思います。

 

ご家庭ですっぽん鍋を楽しまれる方、
またご商売で爪昆布をお探しの方、
もしくは、普通のおやつ昆布に飽きてしまった方、
爪昆布はここにあるのでメールやお問い合わせからご連絡くださいねわーい (嬉しい顔)

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.