煮干しだし

煮干しの頭と腹ワタの取り方

煮干しだしを作る時に、魚特有の臭みを少なくするために煮干しの頭と腹ワタを取ってからだしを取ります。

小さな煮干し1匹ずつ行うのは手間がかかるので、できるだけカンタンにできるようにやり方を説明します。

脂が少なくしっかり乾燥している伊吹島産大羽いりこなら、この下準備がとてもでスグに終わりますよ。

煮干しだしを取るための下準備のしかた

wpid-IMGP1923.jpg
いりこを1匹手に持って

wpid-IMGP1916.jpg
エラの上のあたりを中心に回転させるように頭を取ります。

wpid-IMGP1929.jpg
尖っている背骨の先端部分に爪を立てて、身を二つに割ります。

wpid-IMGP1930.jpg
背骨に沿ってすっと割れます。新鮮な原料を使ってる証です。

wpid-IMGP1931.jpg
割れたら腹わたを取り除きます。これも指でなでると取り除けます。これで頭とわたが取れました。

伊吹のいりこは本当にカンタンに下準備ができます。これだけ取りやすいと子供でも取ってくれると思います。お子さんの食育にも一役かってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おいしいだしに関する【おだしの辞典】

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.