かつおだし

かつお節の栄養美容効果

かつお節でだしをとると、子供は強く育ち、大人は若返ります

かつお節にはビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1、B2、B6、B12、カリウム、リン、カルシウム、8種の必須アミノ酸、ペプチド、イノシン酸が含まれています。

ビタミンD、リン、カルシウムは骨を作り強い体を作ります。成長期の子供がかつおだしをとることで骨が強くなり、イノシン酸はうまみや味覚の形成にもなります。

イノシン酸は、うまみの他に細胞活性化の源になります。20歳までは体内で作られますが、20歳を超えると作る能力が落ちていきます。私たちの体が20歳を境に成長から老化に変わるのは、イノシン酸が不足するのが原因です。

そこで、かつおだしからイノシン酸を補うことで老化を防ぎます。

鰹ペプチドは疲労回復と集中力を高める効果があり、集中力が必要な受験生だけでなく、体力の消費が激しいスポーツ選手も取り入れています。

他にもかつおだしを取り入れることのメリットは多いです。メリットだけでなくデメリットも含めてこのページがわかりやすく解説をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おいしいだしに関する【おだしの辞典】

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.