Home > [商品, 商品ジャンル, おやつ, 爪酢こんぶ] > 爪昆布で作った酢昆布『爪酢こんぶ』

爪昆布で作った酢昆布『爪酢こんぶ』

ti0701

お求めはこちらから

爪酢こんぶ80g

¥594

URL

送料:700円(北海道と沖縄県は1,500円)
(15,000円以上送料無料 北海道と沖縄県は800円)

お求めはこちらから

爪酢こんぶ400g(80gの5袋セット)

¥2,725

URL

送料:700円(北海道と沖縄県は1,500円)
(15,000円以上送料無料 北海道と沖縄県は800円)

大人気のだったのに原料が手に入らなくなってしまったため販売終了となった『根酢こんぶ』が、爪昆布を原料にして帰ってきました!

爪昆布とは?

朧昆布はお酢に漬けこんだ昆布を足と手で引っ張るようにして持ち、もう一つの手で「あきた」と言われる特殊な形の刃物を使って薄く削ってつくります爪昆布というのは、おぼろ昆布を作る時に一枚の長い昆布の表面を削るのですが、そのときに職人さんが手に持って昆布を引っ張っている部分。この部分を切った物が爪昆布です。

場所で言うと爪昆布は根昆布の次の場所に位置しています。(下の写真がわかりやすいです)
爪昆布の少し削られているあたりがおぼろ昆布として削られたところです。

 

爪昆布の先は根昆布、もう一方は朧を削った後にできる白板昆布になります。つまり爪酢こんぶは根昆布と白板昆布の間の部分の昆布を原料にしています。ちなみに、おぼろ昆布を削り終わって白くなった部分は「白板昆布」として売られていきます。。

爪昆布の主な使われ方は昆布水作りだったり料理のダシとして使われたり、またおやつ昆布として売られることもありましたが、どちらかというと地味で目立たない存在。

そんな爪昆布を大阪のおしゃぶり昆布(酢昆布)で有名なメーカーさんにお願いして、あの味に加工していただきました。

 

根昆布の隣の部分なので爪酢こんぶには厚みがあります。赤いパッケージの酢昆布と爪酢こんぶをそれぞれ5枚重ねてみると倍ほどの厚みの違いが見られます。

爪酢こんぶの特徴は厚みのある昆布をしっかりとお酢に漬けて柔らかく、そして昔ながらでどこか懐かしさもあるあの味を付けたこと。

酢昆布としては考えられないくらい厚みがある分酸っぱさもこれまでよりワンランク上を行ってますが、それは食べる量を少なめにすると酸っぱさが抑えられて、酸っぱさの中から出てくる昆布の甘みを感じられるようになります。

原料の昆布がおぼろ昆布になるくらいの柔らかい昆布だから、昆布に厚みがあってもとても柔らかく包丁はもちろんお年寄りの方でも手で簡単にちぎれます。

厚みがあるのに柔らかい爪酢こんぶです。

根酢こんぶの販売終了を残念に思っていただいていた皆様に、また初めて本格的な酢昆布をお召し上がり頂く皆様にもきっと喜んでいただけます。

爪昆布で作った酢昆布『爪酢こんぶ』のレビュー

  1. 母が爪酢こんぶが大好きで探していました!
    酸っぱいのが堪らないっと美味しそうに毎日食べています。

    Comment by モカ — 2015年10月8日 @ 10:22 PM

  2. 酸っぱいです・・・この酸っぱさが好きです。美容と健康にも絶対いいはずです。

    Comment by よろ — 2015年4月10日 @ 9:44 AM

爪昆布で作った酢昆布『爪酢こんぶ』の商品詳細

お求めはこちらから

爪酢こんぶ80g

¥594

URL

送料:700円(北海道と沖縄県は1,500円)
(15,000円以上送料無料 北海道と沖縄県は800円)

お求めはこちらから

爪酢こんぶ400g(80gの5袋セット)

¥2,725

URL

送料:700円(北海道と沖縄県は1,500円)
(15,000円以上送料無料 北海道と沖縄県は800円)

お味の保証
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.