TOP >  レシピ >  化学調味料、塩分無添加 だしパック和の心髄を使った鶏汁

化学調味料、塩分無添加 だしパック和の心髄を使った鶏汁

昆布だし

かつおだし

煮干しだし

椎茸だし

化学調味料、塩分無添加 だしパック和の心髄を使った鶏汁

材料 (4人前)

和の心髄

1〜2パック

水(和の心髄を使わず好みのだし汁でも可能)

約1リットル(材料が浸る程度)

炒め用油

適量

味噌

適量

冷蔵庫の残り野菜なんでも
今回は
・ごぼう 小1本
・にんじん 小1本
・れんこん 1/2本
・じゃがいも 小2個
・鳥もも肉 1枚
・油あげ 1/2枚
・青ねぎ 適量

レシピ1

れんこんはいちょう切り、ごぼうはささがきにして数分水にさらし、アクを抜きます。その他の材料は食べやすい大きさにカットします。

レシピ2

鍋に油を引き、鶏もも肉を炒めます。鶏肉の色が変わったら、油あげ、青ねぎ以外の材料を加えて炒めます。

レシピ3

全体に火が通ったら水と和の心髄を加え、沸騰させます。沸騰したら火を中火に落とし、アクをとります。

レシピ4

材料が柔らかくなったら油揚げを加え和の心髄を取り出します。

レシピ5

鍋の火を止め、お好みの味噌で味を調整したら完成です。
お椀によそいネギをトッピングします。好みでゴマ油を垂らしてもよいです。

コツ・ポイント

鶏肉の代わりに豚肉でも良いです。
お肉や野菜からも出汁が出ますので、出汁パックは少しでも構いません。
お味噌は塩加減がそれぞれ違いますのでお好みで調整して下さい。

一般的なだしパックだと最初から塩が入っているので味付けが濃くなりがちですが、和の心髄は化学調味料、塩分が無添加なので好みの味に調整がしやすくて、自然で美味しい料理に仕上がります。

昆布だし かつおだし 煮干しだし 椎茸だし を使ったレシピ

他に 昆布だし かつおだし 煮干しだし 椎茸だし で作れるレシピ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.