Home > [商品, かつお節, 商品ジャンル, 愛工業オカカ7型用替えハンドル] > 愛工業鰹節削り機オカカの最新型でラクに削る方法

愛工業鰹節削り機オカカの最新型でラクに削る方法

  • k0502
  • k0502

現在販売されている最新型のオカカは、少しコンパクトになったうえとてもスマートで洗練されたデザインに生まれ変わりましたが、残念ながら新型になってから少し削りにくくなってしまいました。

しかし、この洗練されたデザインを少し崩してしまうことにはなりますが、
ハンドル部分をカスタムすることで削りにくさを解消することができます。

そのカスタムを施した写真がこちらです。オカカ7型用替えハンドル

比べてみるとハンドルに違いがあることがおわかり頂けると思います。
このハンドルは旧型オカカ(オカカ7型)のハンドルです。

オカカ7型用替えハンドル

なぜハンドルを旧モデルにすると削りやすくなるのか?
それは手に持つ部分が「つまみ型」から上が平らな「テーブルトップ型」になるからです。

オカカ7型用替えハンドル

つまみタイプの場合、指先でつまみをしっかりつまんで回すため指先に力を入れる必要があります。しかしテーブルトップなら、天板に手のひらを添えるようにして回せるので指先に力を入れる必要なくなります。
これがラクに削れるポイントの一つ目。

オカカ7型用替えハンドル

そしてもう一つのポイントは、長さです。

ハンドルの長さは旧モデルのハンドルの方が少し長くなっています。
回転運動で半径が長くなれば中心軸のトルクは大きくなります。
つまり、これまでより少ない力で硬い鰹節が削れるようになります。

 

ただ、

メーカーが最新型オカカのハンドル形状をあえてつまみにしたのにも理由があって、

テーブルトップの形状は手のひらを載せる形になるのでテーブルトップに体重をかけて(手のひらで下方向に押すようにして)ハンドルを回してしまうことからハンドルが折れるトラブルが発生しているためです。

この対策としてハンドルの枝の部分の補強をかなり強固に入れていますがこれも万全ではないですし、ハンドルを下に押して回すと削り機本体がひっくり返っておケガをする場合もあります。

なので、新型オカカに旧型ハンドルを付けて削る時は、必ずテーブルトップに手を添えて水平に回転するように力を加えてください。

そうすることでラクにそして安全に鰹節を削って頂けます。

オカカ7型用替えハンドル

愛工業鰹節削り機オカカの最新型でラクに削る方法の商品詳細

お求めはこちらから

愛工業鰹節削り機オカカ用ハンドル

¥799

URL
売切れ

送料:700円(北海道と沖縄県は1,500円)
(15,000円以上送料無料 北海道と沖縄県は800円)

お味の保証
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Facebook にシェア
[`evernote` not found]
Pocket

ページトップへ

© Copyright 2014. powered by 豊中松前昆布本舗.